画像
LumilorQ&A

LumilorQ&A

 ルミロールQ&A

LumiLorの基本とFAQLumiLorとは?


LumiLorは特許取得済の発光コーティング(LEC)システムであり、LumiLorを塗布したあらゆる物を発光させることができます。LumiLorは電界発光によって動作します。つまり、対象物に電流を流すと発光することができるのです。LumiLorがどのように機能するかは、以下をご覧ください。




LumiLorの価格(費用?コスト?)は?


LumiLorは特注のコーティングですので、カスタマイズの内容によって費用は変動します。例えば、・必要な量、塗布する場所、デザインの細かさ・電子機器:ベーシックタイプまたは先進タイプ・トップコート:パール、キャンディー、エアブラシ、ハイドロディップなどLumiLorのアプリケーターは、ご要望のデザインとご予算に応じて加工いたします。




LumiLorLumiLorProとの比較


LumiLorからLumiLorProへの主な進化は、
より低溶剤成分になり、耐久性が増した点です。


LumiLorの基本用語

LumiLorは、バックプレーン、誘電体、ルミカラー(LumiColor)、バスバーおよび導電性トップコートで構成されたスプレー可能な多層の電界発光コーティングシステムです。
この塗布層全体を総称して、「LumiLorスタック(積層)」と呼びます。
バックプレーン層:導電性が高く抵抗が低い材料であり、発光面全体にわたって電流をサポートすることができます。
②ダイレック誘電体層:絶縁層であり、バックプレーン上やバスバーの下に置いてシステムのオーバーヒートまたはショートが起こらないようにします。
③LumiColor(蛍光体)層:電源を入れると発光する粒子の材料
④バスバー層:バックプレーン材料であり、電流の流れをより良くするための低抵抗経路を提供します。
⑤CTC導電性トップコート:表面全体にスプレーされた透光性導電性材料であり、電流を分散させて光を発生させることができます。
⑥クリアコート層(トップコート):LumiLorを汚染物質、紫外線(UV)等から保護するウレタン塗料のクリアコートです。
さらにこの層は、LumiLorシステム内の電流を封入して感電から保護し、オプションの着色トップコート用の表面の施工を可能にします。※その他、クリアコート(トップコート)は種類を選びません。カラートップコート層(オプション):電源オフ時のLumiLorの原色は、灰色のプライマーのような色です。自動車グレードのパール色、キャンディー色、または着色された色を封入用クリアコート層上に塗布して、電源のオン・オフ時にデザインされた色を作り出すことができます。ハイドログラフィック、スプレークロム、エアブラシ、ビニールラップなどのアートワークをLumiLor上に施工することもできます。


LumiLorの基本的な特性

LumiLor発光時に触っても熱を感じません。仕様に沿って塗布すれば約0.1mm4.6mil=0.11684mmの薄膜となります。
最大で180度の柔軟性があります。(※施工条件による)フィラメントが破損することがなく安心です。光源に対して離れた場所から、暗闇、煙、霧の中などで非常によく見えます。見やすく、目に優しいです。エネルギー消費が少ないです。


LumiLorを塗布したサンプルを購入することはできますか?

LumiLorサンプルは、実際にLumiLorを見たことがない方には、お手軽にLumiLorの可能性を御覧いただけます。シェイプ、フラットパネル、およびマグネットのサンプルは、当ホームページwww.urukaustation.com のお問い合わせページ、及び、www.lumilorjapan.netからお問い合わせ頂ければご購入が可能です。
LumiLor正規輸入元ワークス、もしくは、正規LumiLorディーラー,
うるかうステーションにお問い合わせください。




LumiLorの点灯時と消灯時の色は?

LumiLorには8つの基本色があります。これらはLumiLorが点灯しているときに見える色であり、その色は、グリーン、アクア、ブルー、ホワイト、オレンジ、イエロー、バイオレット、ピンクです。LumiLorは、消灯している場合は自動車用プライマーのように灰色の色合いで表示されます。トップコート(エアブラシ、着色クリアコート、カラートップコート、ハイドログラフィックなど)を使用してLumiLorの外観を変更し、所望の効果を生み出すことができます。


赤色はありますか?

誰しも色を取り入れたいですよね。キャンディーやパールなどの淡色クリアコートまたは着色トップコート、さらにはハイドログラフィックを使用してLumiLorをトップコートすることによって、赤い色調を実現できます。通常は、このトップコートを白色のLumiLorに塗布し、本来の色の効果を得ることができます。サンプルのトップコートを常にテストして見え方を確認してください。


透明度について

LumiLorは光を放射し、LumiLorの上に置かれたものはその放射から一定量の光を吸収します。これはあなたの望む結果よっては、例えば特定の領域を発光させたくない場合は都合が良いし、光輝かせたい場合は都合が悪いかもしれません。さまざまなトップコートや技術を試すことで、理想的なレベルの仕上がりが得られます。




LumiLorの塗布対象は?

LumiLorは、あらゆる非多孔質基材に塗布することができます。·例えば、金属、木材、グラスファイバー、カーボンファイバー、プラスチック、ビニールなどに塗布することができますが、これらに限りません。接着促進剤は基板上で使用することができますが、LumiLorの塗布を開始する前に、クリアコート及びサフェーサーを基材に塗布する必要があります。·基板の例:ガラス、ゴム、HDPEプラスチック基板の準備に関する具体的な説明はこちらをご覧ください。


LumiLorの持続期間は?


LumiLorの寿命は、使用する電力の量と、使用する本来のLumiLorの色によって異なります。電力が多いほど明るく発光しますが、寿命は半分になります。「半減期」とは総耐用年数のことではありません。LumiLorは半減期まで明るさを落とし、それから高原になります。LumiLorの主成分と同一の材料を使用したエレクトロルミネセンスの応用例が文書化されています。ここでは、製品の耐用年数が10,000時間以上、場合によっては最大50,000時間まで測定されています。LumiLorの充電と放電は半減期に影響しません。LumiLorは、充電されると半減期に向かって劣化するだけです。


電子機器の基礎知識

電子機器の基礎を理解すると、LumiLorを使用する際に役立ちます。電流:LumiLorは光を生成するために交流(AC)を必要とします。直流(DC)は、インバータを使用してACに変換することができます。バッテリー:バッテリーは、インバータで交流に変換できる直流を供給します。電圧:LumiLorは、通常AC 100VAC 200Vの電圧で動作しますが、AC 80VAC 400Vの電圧で動作する容量があります。周波数:LumiLorは、通常400Hz1000Hzの周波数で動作しますが、50Hz2000Hzの間で動作する容量があります。インバータ:インバータはDCACに変換します。ブーストコンバータ:DC 12Vを上昇させてDC 30Vまで出力する装置です。消費電力:LumiLor1平方インチあたり約1ミリアンペアの電力を消費します。電子機器と光の出力:周波数および電圧の変動は、LumiLorの明るさと寿命に影響します。車用バッテリー:LumiLorは、インバータを使用して車用バッテリーから直接作動することができます。電子機器の設計(すなわち、別のヒューズへの接続)には特別な配慮が必要です。




LumiLorのレイアウトを決めるのに最適な方法は?


ルミロールで何をしようとしているかによりますが、主に2つのアプローチがあります。LumiLorは、一般的な領域、例えば円形、正方形または必要なあらゆる形に塗布することができます。その後、光を遮断するために、発光させたくない領域を不透明な塗料、ビニールまたはその他のコーティングで遮光することができます。もう1つの選択肢は、ステンシルを作成して、LumiLorスタックを発光させたい領域にのみ適用することです。

くぼみや凹みまたは引っかき傷によって故障しますか?

おそらく。どこで被害が発生したかによって異なります。電力経路が損傷すると、電力が遮断され、LumiLorは点灯しません。このようにダメージを修正することは可能です。ダメージが点灯領域の内側にある場合は、ダメージが発生した場所に暗い場所があります。このタイプの損傷は修理することができないし、それを保護するためにクリアコートで封入すべきです。電気的に接続するためにフードを貫通することなく、LumiLorを大きな基板の小さな部分、例えば自動車のフード上のロゴだけに適用するにはどうすればよいですか?素材を貫通しないようにするには、LumiLorフィールドから素材の端まで「ワイヤーを塗る」ことができ、さらに裏側に巻き付けることもできます。これはLumiLorの導電性バックプレーン層を使って行われます。ここでワイヤーを塗る方法についてもっと学びましょう。


LumiLorを塗布した後の安全な使用温度は?


LumiLor-40℉180℉または-40℃82℃の間で安全に動作します。LumiLorを塗布した後の柔軟性は?LumiLor180度反り返ることができます。折り畳むと材料にヒビが入る原因となります。


基盤の最小表面積は?

最小サイズは、実際には、誘電体とLumiColorがバックプレーンと重なるための十分な領域と、適切なサイズのバスバー用の十分なスペースがあるかどうかによって決まります。ほとんどのアプリケーションでは、1平方インチが最小サイズになります。これは、照らすことができる最小表面積と混同しないようにしてください。1平方インチを超える表面積を持つ素材に適用されている限り、1/4インチという小さなピンストライプやグラフィックスを照らすことができます。LumiLorに使用するのに最適なトップコートは?不透明さと透明さについて考えてみてください。不透明な塗料は、バスバーと完全に光を遮断したい部分を遮光するか隠すために使用されます。パールやキャンディーなどの透明な塗料を使用して色合いを付けることができます。透明なトップコートが重いほど、遮断する光が多くなります。「電源オン」と「電源オフ」の両方の状態で、LumiLorによってトップコートがどのように見えるかを必ず試してください。



インバータの仕様は?

弊社の小型インバータ12v入力- 100v / 120v出力18v入力- 160v出力小型インバータは144平方インチまでの区域に動力を与えることができます。弊社の大型インバータ12v入力- 100v / 120v出力18v入力- 150v出力大型インバータは288平方インチまでの区域に動力を与えることができます。現在、より強力で効率的な新しいインバータを開発中です。


自動車のワックスがけやバフ仕上げにどのように反応しますか?


LumiLorは自動車グレードのクリアコートで覆われています。ワックス、ポリッシュなどは、直接LumiLor上にはなくクリアコート上にあるので直接の影響はありません。


RoHS(電気・電子機器についての化学物質規制)指令に準拠していますか?

はい。LumiLorLumiLor Proの全ての層はRoHS試験に合格しています。RoHS(電気・電子機器についての化学物質規制)指令試験Br, Cd, Cr, Hg, Pb


LumiLorの研究開発について

弊社は、LumiLorのテストと認証に4,000,000ドル以上を投資しました。適切に適用された場合、あなたの塗装作業は明るく、ひび割れたり、はがれたり、はがれたりしないことを保証します。LumiLorは、自動車用ベースコートが耐えることを求められる最も厳しい基準に従います。紫外線と水蒸気がパネルを急速に風化させるASTM G154に合格することを実証しました。明るさ、接着力、またはフィルムの品質を損なうことなく、400時間以上にわたってこのテストを実行しました。また、LumiLorASTM D3359に合格することも証明しています。ここでは、Xテストとクロスハッチの両方によって、フィルムが損傷したときのフィルムの接着力をテストします。我々は実際に試験方法を超えて、そしてテープを貼り付けそして接着力を試験する前に24時間以上水中にパネルを浸します。すべての状況において、適切に適用されたLumiLorシステムは問題なくこれらの強化されたテストに合格することができます。LumiLorをこれらの規格に独自に認証することはできません。システムとしての基材、塗布、およびトップコートは、塗布について塗布を認証するために試験されなければならない。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!